• ホーム
  • hivの性病は何科に受診すればよいか

hivの性病は何科に受診すればよいか

性病とは、性感染症のことで、別名STDと呼ばれています。
言葉のとおり、性的な行為によって感染する病気です。
性行為だけではなく、オーラルセックスによっても感染が確認されています。

性病にはたくさんの種類があり、クラミジア、ヘルペス、淋病、梅毒、尖圭コンジローマ、トリコモナス、hivなどが挙げられます。
日本で男女ともに一番多くかかっている性感染症は、クラミジアと言われています。

陰部などにかゆいや痛みなど、何らかの症状が発症した場合は、何科に受診すればよいでしょうか。
男性は泌尿器科、女性は産婦人科、もしくは男女ともに性病科に受診すると診断が判明します。

これらの性病に感染した場合は、早期に発見・治療を行えば、治癒できるとされています。
しかし、なかには根治が難しい感染症があるので注意が必要です。

その中でもhivの感染者は年々増加傾向にあると言われています。
hivは、後天性免疫不全症候群と呼ばれ、免疫不全ウイルスによって感染する病気です。
潜伏期間が数年~数十年と非常に長く、発症前は日常生活に支障をきたしません。
初期段階では症状がなく、感染に気付かないために、知らない間に感染を広げている場合があります。
潜伏期間を超えると、発熱や倦怠感、体重の減少、リンパ腺の腫れなど、なんとも言えない状態の症状が出てきます。
なかなか症状が治まらずに少しでも違和感を感じたら、早急に医療機関を受診しましょう。

hivは、今のところ根治する治療法は確立されていませんが、しっかりと予防することで予防できる病気です。
自分が信頼できるパートナーと性行為を行うこと、コンドームなどを着用するなど、徹底した予防が感染を防ぐ一番の近道となります。

人気記事一覧